4月の振り返りと平成の終わり

京都の桜
京都の桜
こんにちは。
4月の振り返りということで、4月は濃い1ヶ月でした!
新年度が始まり、1日には新元号が発表されましたね。
「令和」と発表になったときは衝撃でしたが、今では新元号にも慣れ、心の準備が出来てきました。
個人的には、4月は京都旅行に行ったり、ライブを見に行ったり、バンドの練習をしたりと充実してました。
京都は好きな場所のひとつで、ここ何年か毎年訪れています。
ちょうど桜が綺麗な時期で、天気にも恵まれ、充実した旅となりました。
写真もたくさん撮りました。
桜が満開で、綺麗でした!
行きたかったお店やお寺にも行けて大満足でした。
また、4月はこれからの音楽やアートの方向性を考えた一ヶ月でもありました。
自問自答したり、人と話したり、動いたり、書き出してみたりすることで、だいぶまとまってきました。
色々とありましたが、気が付けばもうすぐGW。
そして、元号が変わりますね。
平成も、もうすぐ終わりです。
平成生まれの自分としては、寂しさもありますが、
新しい時代への期待もあります。
平成を振り返ると、学生時代と重なったこともあって、「学び」の時期だったように思います。
学校で学んだこともありますが、それ以外の日常や生活、仕事の中で学んだこともたくさんあります。
中には、辛いこと、苦しいこともありましたが、自分の経験になったと感じます。
ホームページにも上げましたが、今年の2月あたりから「平成の終わり」というテーマで写真を撮ってきました。
その写真を撮ることで、自分自身「区切り」のようなものが出来たように感じています。
やってよかったと思います。
新しい時代に期待を込めて、いまを大事に生きていきたいです。
ここまで、読んでくださりありがとうございます。
ホームページもこれから、徐々に更新していく予定ですので、よろしくお願いします!